徳川家康の墓

徳川家康の墓として創建されたのが日光東照宮です。
社寺は世界遺産にも登録されており、3猿の彫刻が有名です。
日光東照宮の敷地内にあるほぼすべての建築物は国の重要文化財や国宝に指定されており、創建から400年以上の時を超えて、現代に江戸時代の息吹を伝えてくれる貴重な施設なのです。
社殿の一般的な一ノ鳥居、五重塔、神厩舎、陽明門、本地堂というコースが一般的です。
見どころはたくさんありますが、日光の雄大な自薦の中に佇む見事な社殿群が共通する魅力です。
見どころを簡単に紹介すると、九州から運ばれた巨大な石鳥居、日本で最も華麗な美しさを放つ五重塔、五重塔1層周囲にある12干支の彫刻が可愛らしいです。
表門には、睨みつける仁王像と夢を食べる伝説上の動物であるバクや麒麟などの彫刻が施されています。
素朴さを強く感じられる一切の華美さを排した神厩舎には、見ざる聞かざる言わざるの3猿の彫刻が有名です。
これ以外にも手洗いどころの 御水舎、日本でももっとも美しく聖人賢人を500人以上彫刻した陽明門やその左右にある回廊など他、日光東照宮ならではの美しさを感じられる多数の社殿群が建ち並んでいます。

 

日光東照宮,徳川家康の墓

 

日光東照宮,徳川家康の墓

 

日光東照宮,徳川家康の墓