日光東照宮の五重塔はスカイツリーに影響してる

日光東照宮,五重塔,心柱,東京スカイツリー

日光東照宮五重塔は、高さ36m、日本で最も華麗な塔として知られています。
艶やかな漆塗りや漆箔、細かい部分にも彩色が施されており、周囲にならぶ緑の自然の中で、悠然と佇んでいます。
日光東照宮五重塔は、初代若狭井小浜藩・酒井忠勝が1650年(慶安3年)に寄進されたことから始まります。
しかし、1815年(文化12年)に火災により焼失、その後十代目半周の酒井忠進が再建したのが現在の日光東照宮五重塔です。
名工の呼び声高い後藤正秀が手がけた、愛らしい十二支の彫刻でも有名です。
建築上珍しい事例として知られているのが懸垂式の心柱です。
通常、五重塔の心柱は建築物の中央にある礎石の上にしっかりと固定され、地震の揺れを吸収する役割を果たします。
日光東照宮五重塔の場合、この心柱がぶらりと浮いているのです。
この建築工法は江戸時代に開発されたことから、再建の際に採用されました。
日光東照宮五重塔に採用された懸垂式心柱は、より効果的に地震の揺れを抑制する働きを果たすことが最新の科学でわかっており、あの東京スカイツリーにも採用されています。

 

日光東照宮,五重塔,心柱,東京スカイツリー
この中に見えるのが心柱です